一般事業主行動計画の公表について

ハニューフーズグループでは、「次世代育成支援対策推進法」に基づき、従業員が仕事と家庭を両立させることが出来る環境整備を通じて、業務において能力を十分に発揮出来るよう、「一般事業主行動計画」を策定しています。

一般事業主行動計画とは

企業が、従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備、女性の積極登用とキャリア形成意欲の向上、などを行うために策定する計画です。

ハニューフーズグループ職場環境整備に関する行動計画

1.計画期間


2018年7月1日~2021年6月30日までの3年間

2.内容


目標1:時間外労働の適正管理

(取り組み)

●原則月45時間以内(繁忙期のみ特別条項による例外有り)を時間外労働の上限と定め、社員1人ひとりの労働時間管理を行い、

 長時間勤務者及びその上席者に対して指導を行う。

 ※一部グループ会社につきましては、労使協定により設定された年間労働時間を元に管理を行う。

●衛生委員会等を通じて毎月の実績報告を産業医・衛生委員に周知し、解決のための協議を行う。

目標2:年次有給休暇取得の環境整備

(取り組み)

●1時間単位の有給休暇の制度を継続、周知することにより、年次有給休暇を取得しやすい環境整備を推進していく。

 半年毎に有給休暇の実績管理を行い、計画付与を行なう。

目標3:育児復職者への支援

(取り組み)

●育児短時間勤務の適用期間を育児介護休業法で定める「3歳迄」から「小学校就学の始期に達する迄」への引上げを継続し、

 仕事と育児を両立できる環境整備を行う。

目標4:介護休業者への支援

(取り組み)

●介護休業の適用期間を育児介護休業法で定める「93日以内」ではなく、「12ヶ月以内」とする制度を継続し、

 家族の介護があっても従業員が長く勤務できる体制をつくる。